和綴じで自費出版



メイン頁


有限会社 精華堂のホームページへようこそ


日本古来から伝わる「和綴じ」製本は優美かつ堅牢です。

並製本或いは上製本と異なり機械に頼らず、総て職人の手仕事で仕上げます。

用紙等も十分吟味しており、劣化のテンポも遅く、末永く保存することができます。

出版をご希望の方は、造本見本を参考に晴れの上梓へ進まれることをお勧め致します。 


 句集見本   句集見本    句集見本 
 A5判 和綴じ製本     B6判 和綴じ製本     A4判 和綴じ製本
 句集見本   句集見本    句集見本 
  A5判 和綴じ製本     B6判 和綴じ製本     A5判 和綴じ製本

句集 実物見本請求

 本の歴史
製本と言うジャンルに入るものとは言いかねますが古くは巻物があります。経典などがその例です。
その後、折り本が出現しました。蛇腹折りです。ご存じのお経の本が代表的です。次に画期的な進化がありました。和装本(和綴じ)です。和装本は日本で定着し、近代の西洋文化に変わるまでの主流として生き続けました。和装本の走りは平安時代に遡ります。正倉院の御物の中にも和装本があるそうですが、特に注目すべきは本の材質です。日本古来の和紙は長い年月の風化に耐え、製本技術と相まって生き残った訳ですから驚きます。昔から使用されていた楮、三椏などを原料とした和紙は高価でとても一般的な出版には無理ですが、洋紙も進化し、出版用として使用される中性紙などは大変丈夫です。

製本の種類
中綴じ(週刊誌のような)・平綴じ(針金で綴じる)・網代綴じ(背中に刻みを付けて糊で固める)
無線綴じ(網代綴じと似た手法)並製本・かがり製本(糸で背中を縫いつける)上製本

和装本(日本古来の製本)詳細はここから

                          とっておきの写真とプロフィル よもやま話


[にっぽん文化検索!] JapanType



ボタン
  日本の伝統 和綴じの本で……句集、歌集、詩集、エッセイ
お問い合わせは 有限会社 精華堂 自費出版事業部 担 当 丸山 弘
東京都台東区浅草橋4-20-5
TELフリーダイヤル0120-98-3277 FAXフリーダイヤル0120-62-5649
更新日 2010年10月14日 11:58:49